活動内容

映団連セミナーとは?

一般社団法人 映画産業団体連合会[=映団連]では、映画文化 及び 映画芸術の振興と映画産業の発展に寄与するために、多くの国民に関心を持ってもらえるシンポジウム、セミナー等を開催する事業を行っております。
映画が果たすべき社会的役割を、映画関係者のみならず、一般のユーザーと対話することで、文化的価値、経済的価値 及び 社会的価値を見つめていくことを目的としています。

主催 : 一般社団法人 映画産業団体連合会 内
  「映団連セミナー」実行委員会
運営協力 : 東宝アド株式会社

第5回「映団連セミナー」〜 岩下 志麻・私が愛した映画 〜

上映作品:『はなれ瞽女おりん』

製作年 1977年
製作・配給 表現社
上映時間 117分
監督 篠田正浩
出演 岩下志麻、原田芳雄 ほか

トークゲスト : 岩下 志麻さん

[スチール]はなれ瞽女おりん
(C) 表現社

映画業界で活躍されている著名人をゲストとしてお迎えして、ご本人の携われた作品を上映、併せてトークショーも行い、皆様に日本映画の真価と面白さに触れる機会を作り、より深く映画を学んでいただく場を提供する企画の第5弾。
今回は、日本を代表する女優として第一線を走り続けている岩下志麻さんをお迎えし、撮影中のエピソード、女優として歩んでこられた道、岩下さんにとって“映画”とは何か、などを語っていただいた。

 

“映画”とは人生。私の人生は映画と共にあります。


岩下志麻さん
© 映団連セミナー実行委員会

ゲスト:岩下志麻さん
「(演じることで)仮の人生を生きる。そういう楽しみが、女優を続けさせていただくエネルギーになっていると思います。」

卓越したトークで、テンポよく話を引き出してゆくインタビュアーの角谷 優さん(プロデューサー)

角谷優さん
© 映団連セミナー実行委員会

岩下さん 「当時、新潟に生存されていた3名の瞽女さんたちと、手と手を触れ合いながらお話をしました。肌と肌を寄せ合うことで、心が通じ合って仲良くできたことが、この作品の力になったと思います。」

岩下さん 「篠田(正浩監督)とマンボを踊っている最中に、ふっと、あぁ、私はこの人と結婚する、と思ったんです。それで、踊りながら『どうも、私、監督さんと結婚しそうな気がするわ』と言ってしまったのです(笑)。」

岩下志麻さんと角谷優さん
© 映団連セミナー実行委員会


〜 沢山の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうざいました! 〜