活動内容

映画の日


 1896年(明治29年)11月25日~12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。
 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)では、「映画の日」の事業として、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)及び傘下の各興行組合のご協力のもとに、入場料金割引、特別招待の実施、地域に即した関連行事の開催等により、全国の映画ファン及び一般の消費者の皆様に向け、一層のサービス向上に努めるとともに、映画を劇場で観ることの魅力を周知することに努めております。
 また、映画産業の活性化及び振興を図るために、「映画の日」中央式典を盛大に挙行し、映画業界で永年にわたり勤続されてきた方々及び映画産業の伸張に功績のあった方々を表彰しております。





第65回「映画の日」中央大会

<2020年12月1日(火) 於:グランドプリンスホテル高輪>

 

特別功労大章

 

大谷 信義 様 (松竹株式会社 取締役会長)

感謝状

 

株式会社サンライズ社 様



 第65回「映画の日」中央大会は、昨今のコロナ禍を鑑み、受章者及び関係者のみ(約100名)の参加といたしました。冒頭、11月18日にご逝去された岡田裕介様(東映株式会社 代表取締役グループ会長)の偉大なる功績に敬意と感謝を表して、黙祷が捧げられました。

 第65回「映画の日」特別功労大章は、松竹株式会社入社以来、長きにわたり映画の宣伝、配給、製作に携わり、多くの名作映画の製作指揮を担当するなど映画界の活性化にご尽力され、また、映連会長をはじめ、映団連会長、日本映画テレビプロデューサー協会会長など、映画界の主要な団体の要職を歴任し、日本の映画産業の発展と映画人の育成に寄与された大谷信義様が受章されました。
 また、創立来、「映画をコミュニケーションメディアに」の経営理念のもと、映画館広告のリーディングカンパニーとして映画業界の活性化に大きく寄与され、また、この度、「音響同期バリアフリーシステム」で使用する聴覚障がい者のための字幕表示用のメガネ端末500台を映画界に寄贈し、映画のバリアフリー化を大きく前進させた株式会社サンライズ社様に感謝状が贈られました。

集合写真

後列(左から)女優:古川あかりさん(㈱松竹エンタテインメント)/来賓:小笠原陽一さん(経済産業省 大臣官房審議官)/来賓:出倉功一さん(文化庁審議官)/女優:倉沢しえりさん(松竹芸能㈱)
前列(左から)感謝状:田中恒男さん(㈱サンライズ社 代表取締役社長)/特別功労大章:大谷信義さん代理・安孫子正さん(松竹㈱ 代表取締役副社長)



特別功労大章:大谷信義様 代理 安孫子正様

特別功労大章:大谷信義様 代理 安孫子正様

(大谷様はご欠席の為、代理として、松竹株式会社 代表取締役副社長・安孫子正様がご登壇され、手紙を代読しました)

「まずは、東映グループ会長・岡田裕介さんのご逝去に際し、心よりお悔やみ申し上げます。お会いする度に、『大谷さん、元気?』と明るくお声がけいただいておりましたのに、あまりにも突然で未だに信じられません。映画界にとって大きな損失となりましたが、私たちが岡田さんの分まで頑張っていかねばならないと思っております。心よりご冥福をお祈りいたします。さて、この度は、このような名誉ある章をいただき、誠にありがとうございます。この上なく光栄に存じます。ご存じの方もおいでになると思いますが、本年は、松竹が蒲田に撮影所を開所して100周年に当たります。この100周年を迎えられますことも全国の映画ファンの方々、並びに、皆様方のご支援とご協力の賜物と心より御礼を申し上げます。そして本日頂戴しました名誉ある章は、松竹が長く映画に携わっていることへのご褒美だと感謝し、今後もまた、更に一層、映画界発展のために力を尽くして参りたいと思います。」



感謝状:株式会社サンライズ社 代表取締役社長 田中恒男様

感謝状:株式会社サンライズ社 代表取締役社長 田中恒男様


「本日は、大変栄誉なる賞をいただき、誠にありがとうございます。このような名誉ある賞をいただけるのも、これまでご一緒させていただいている多くの皆様方のご支援、ご指導、ご協力があっての賜物でございます。今後も映画業界に少しでも貢献すべく、改めて精進してまいる所存です。今後とも、より一層のご支援、ご協力をお願い申し上げまして、御礼の挨拶とさせていただきます。」




>>映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ