活動内容

映画の日


 1896年(明治29年)11月25日〜12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。
 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)では、「映画の日」の事業として、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)及び傘下の各興行組合のご協力のもとに、入場料金割引、特別招待の実施、地域に即した関連行事の開催等により、全国の映画ファン及び一般の消費者の皆様に向け、一層のサービス向上に努めるとともに、映画を劇場で観ることの魅力を周知することに努めております。
 また、映画産業の活性化及び振興を図るために、「映画の日」中央式典を盛大に挙行し、映画業界で永年にわたり勤続されてきた方々及び映画産業の伸張に功績のあった方々を表彰しております。





第62回「映画の日」中央大会

<2017年12月1日(金) 於:グランドプリンスホテル高輪>

 

特別功労章

※順不同

 

大藏 滿彦 さん (全国興行生活衛生同業組合連合会 会長)
河原畑 寧 さん (映画評論家)
野上 照代 さん (映画スクリプター)



 第62回「映画の日」特別功労章は、『映画業界は常に一つ』の信念の下、永きに亘り全興連会長を務め、今日まで映画興行の活性化を通して、日本映画界の発展に尽力された大藏滿彦さんが受章されました。

 また、スタンリー・キューブリック監督作品『2001年宇宙の旅』をはじめ、多くの映画評論を通して、映画界の活性化に大いに貢献された河原畑寧さんが特別功労章を受章されました。

 また、名スクリプターとして日本映画におけるスクリプターの地位を確立・向上させ、更に、黒澤明監督作品『羅生門』以降、全ての黒澤作品に携わり、撮影現場の中心的人物として監督を支え続けた野上照代さんが特別功労章を受章されました。

受章者記念写真

後列(左から)女優:竹山ひすいさん((株)松竹エンタテインメント)/
来賓:藤原章夫さん(文化庁 文化部長)/
来賓:吉田博史さん(経済産業省 大臣官房審議官)/
女優:國分亜紗妃(コクブ・アサヒ)さん((株)松竹エンタテインメント)
前列(左から)特別功労章:大藏滿彦さん/特別功労章:野上照代さん/
特別功労章:河原畑寧さん


特別功労大章、大藏 滿彦 さん

特別功労章:大藏 滿彦 さん

「諸先輩、仲間たち、これ程大勢の方々の前で顧みると、長い間、組合の象徴をやってこられたのも、皆様のご協力のお陰です。映画界は一つです。創る方、配給する方、興行する方、皆が一つになってやるのが、興行界であり、映画界でございます。本当に素晴らしい業界で、こうやって一緒に仕事が出来るという事は、素晴らしい事だと思います。これからも一生懸命やります。皆様と一緒に頑張って、映画界をもっともっと伸ばしていけるよう、共に頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。」

特別功労章、河原畑 寧さん

特別功労章:河原畑 寧 さん

「わたくしが読売新聞の映画担当記者になったのは、東京オリンピックのあとで、高度成長のさなかでした。海外旅行の自由化で、それまでは新聞記者でも一生一度あるかなしかといわれていた海外出張取材が、身近なものになって来ました。一方、世界の方々で、映画の新しい波が巻き起こり、国際映画祭に注目が集まり始めておりました。絶好のチャンスです。身の程知らずの新米記者は、そこへ飛び込んでゆきました。あれから五十年―― 斜陽といわれた日本映画は、我慢を重ね知恵を絞り、新分野を切り開いて、見事な成果を上げました。皆様ご存じの通りであります。この輝かしい映画の半世紀を、至近距離から見守った、その幸せは言葉に尽くせません。すべては皆様、映画の第一線を支えてこられた皆様のおかげです。本当に有難うございました。」

特別功労章、野上 照代 さん

特別功労章:野上 照代 さん

「『功労章』と言うより、『高齢章』でしょうか(笑)。私は、“幸運”の2字で、ここまで来ました。1950年の『羅生門』で、まだ何も判らないのに黒澤組について、そこから最後の『まあだだよ』まで43年間、黒澤(明)監督の作品を手伝う事が出来たのは、本当に幸運の2字に尽きます。何の役にも立っていないのに、このような章をいただいて申し訳ない位です。本当にありがとうございました。」


>>映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ