活動内容

映画の日


 1896年(明治29年)11月25日〜12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。
 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)では、「映画の日」の事業として、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)及び傘下の各興行組合のご協力のもとに、入場料金割引、特別招待の実施、地域に即した関連行事の開催等により、全国の映画ファン及び一般の消費者の皆様に向け、一層のサービス向上に努めるとともに、映画を劇場で観ることの魅力を周知することに努めております。
 また、映画産業の活性化及び振興を図るために、「映画の日」中央式典を盛大に挙行し、映画業界で永年にわたり勤続されてきた方々及び映画産業の伸張に功績のあった方々を表彰しております。





第64回「映画の日」中央大会

<2019年11月29日(金) 於:グランドプリンスホテル高輪>

 

特別功労章

※順不同

 

塚田 芳夫 さん (公益社団法人 映像文化製作者連盟 会長)
新海 誠 さん  (アニメーション映画監督)



 第64回「映画の日」特別功労章は、電通映画社に入社以降、数多くの広報・展示、博覧会、プロモーション等の映像企画、演出、プロデュース等に携わり、映文連副会長に就任後は、国内唯一の産業・文化映画の短編映像祭「映文連アワード」を創設し、プロフェッショナルの仕事に相応しい作品を発掘・顕彰すると共に、時代を担う新しい才能の発掘にも大いに寄与している塚田芳夫さんが受章されました。
 また、2016年公開の『君の名は。』は国民的大ヒットとなり、国内外で数々の映画賞を受賞するなど圧倒的な評価を得て、更に、最新作『天気の子』は公開から75日間で観客動員1000万人の大台を突破し、公開前から140の国と地域での配給が決定するなど世界中で『天気の子』旋風を巻き起こし、日本映画界に新たな自信と元気を与えてくれた新海誠さんが特別功労章を受章されました。

特別功労章:塚田 芳夫 さん

特別功労章:塚田 芳夫 さん

「この度の表彰、心より御礼申し上げたいと思います。
少し私的な事からお話しさせていただきますと、私はちょうど終戦の時に生まれ、至る所が焦土となり、言わば日本がリセットされた時代に育ちました。当時の娯楽と言えば、本と映画くらいしかなく、因みに当時の私のアイドルは、『ガモフ』と『ゴジラ』でした。若い頃から、「知恵は本に学ぶ。夢は映画に学ぶ。」と思っており、それを実行したことで、映画の仕事に就くことが出来ました。ただ、そこは「ノンシアトリカル」と呼ばれる世界で、それからは、ありとあらゆる短編映像の演出やプロデュースを手掛けてきました。やがて、世界の多様性を映し出す「短編の力」に改めて気付き、“Short Film Renaissance”を掲げ、人材育成を目的とした「TANPEN塾」を立ち上げ、次世代の多様な才能、そして新しい夢を発掘する事を推進してきました。そうしたことが、ご列席の映画人の皆様に評価して頂いて、思いもかけぬ表彰状も頂戴いたしました。感無量でございます。皆様に深く感謝申し上げたいと思います。」



「映画の日」中央大会の開催に寄せて、障害者の芸術文化振興議員連盟 会長 であり、一億総活躍・少子化担当大臣である衛藤晟一様より、映画産業界のバリアフリー映画の製作及び上映に対する活動・取り組みに対して、一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)会長 大谷信義様と一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)会長 岡田裕介様に感謝状が贈られる運びとなりました。式典では、衛藤晟一様の代理として、衛藤大臣秘書・北村賢一様より、映団連と映連を代表して、映連の岡田会長へ表彰が行われました。
この賞を励みにして、今後とも映画界を挙げてバリアフリー化及びバリアフリー映画の普及に 務めて参ります。

(左から)映連会長・岡田裕介様、衛藤大臣秘書・北村賢一様

(左から)映連会長・岡田裕介様、衛藤大臣秘書・北村賢一様


>>映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ