活動内容

映団連セミナーとは?

社団法人 映画産業団体連合会[=映団連]では、映画文化 及び 映画芸術の振興と映画産業の発展に寄与するために、多くの国民に関心を持ってもらえるシンポジウム、セミナー等を開催する事業を行っております。映画が果たすべき社会的役割を、映画関係者のみならず、一般のユーザーと対話することで、文化的価値、経済的価値 及び 社会的価値を見つめていくことを目的としています。

主催 : 社団法人 映画産業団体連合会 内
  「映団連セミナー」実行委員会

企画委員長 : 松岡 功 (映団連 会長)
企画委員 : 品田 雄吉 (映画評論家)
: 角谷 優 (プロデューサー)
運営協力 : 東宝アド株式会社

第1回映団連セミナー「新藤兼人・私が愛した映画」

<2009年2月10日(火) 於:有楽町朝日ホール>

『鬼婆 〜おにばば〜
監督・脚本・美術:新藤兼人
出演:乙羽信子、吉村実子、佐藤慶

1964年/103分/近代映画協会・東京映画/白黒

c1964 近代映画協会

今年度から開催が決定した「映団連セミナー」。
記念すべき第1回は、70年もの映画キャリア、そして今年97歳を迎え、なお意欲的にメガホンをとり続ける日本最長老の現役映画監督・新藤兼人監督をお迎えして、監督が選んだ“新藤兼人作品・NO.1”の「鬼婆」を上映、併せてトーク・ショーも行いました。

 

“映画”とは、私自身。これからも私自身を描き続けたい。


新藤兼人監督(お孫さんの風さんと共に)
 

「私はこれまで、私に関係した人のことだけを撮ってきた。まず、お世話になった妻のことを描かなければと思い、『愛妻物語』を撮った。“映画”とは私自身。私の生き方そのものを映画にした。これからも生きている限り、私自身を描き続けたい」

新藤監督と風さん
© 映団連セミナー実行委員会
品田雄吉さん
© 映団連セミナー実行委員会

次々と、新藤監督の魅力を引き出していく対談相手・品田雄吉さん(映画評論家)

新藤兼人監督
 

「最小限の人数でも、強い意志と行動力があれば、日本のどこででも映画は撮れる。泥にまみれながらその頂点に達したのが『鬼婆』だ。間もなく97歳になるが、いつも25歳のつもりで映画を撮っている。映画があったから、生きてきた」

新藤監督
© 映団連セミナー実行委員会
集合写真
© 映団連セミナー実行委員会

(新藤監督、品田雄吉さん、新藤監督のお孫さん・風さんと共に)


〜 沢山の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうざいました! 〜