活動内容

映団連セミナーとは?

社団法人 映画産業団体連合会[=映団連]では、映画文化 及び 映画芸術の振興と映画産業の発展に寄与するために、多くの国民に関心を持ってもらえるシンポジウム、セミナー等を開催する事業を行っております。映画が果たすべき社会的役割を、映画関係者のみならず、一般のユーザーと対話することで、文化的価値、経済的価値 及び 社会的価値を見つめていくことを目的としています。

主催 : 社団法人 映画産業団体連合会 内
  「映団連セミナー」実行委員会

企画委員長 : 松岡 功 (映団連 会長)
企画委員 : 品田 雄吉 (映画評論家)
: 角谷 優 (プロデューサー)
運営協力 : 東宝アド株式会社

第2回映団連セミナー「岸惠子・私が愛した映画」

<2010年3月1日(月) 於:有楽町朝日ホール>

『忘れえぬ慕情』
監督・脚本:イヴ・シァンピ
出演:岸 惠子、ダニエル・ダリュー、ジャン・マレー

1956年/118分/松竹/日仏合作

映画業界で活躍されている著名人をゲストとしてお迎えして、ご本人の携われた作品を上映、併せてトーク・ショーも行い、皆様に日本映画の真価と面白さに触れる機会を作り、より深く日本映画を学んでいただく場を提供する企画の第2弾。(第1弾のゲストは、新藤兼人監督)
今回は、「我が家は楽し」で映画デビューして以来、現在もなお卓越した演技力と凛とした美しさでご活躍を続けている女優・岸 惠子さんをお迎えして、岸さんご自身が選んだ「忘れえぬ慕情」を上映、撮影秘話やご自身の映画観などを語っていただきました。

 

“映画”とは、胸を焦がして燃やし続ける恋のようなもの。


岸 惠子さん
 

「多くの映画や執筆活動に携わってきたが、“映画”とは、ままならない恋に胸を焦がして燃やし続ける“恋”のようなもの。“書く”とは、長年、鍛錬を連ねて積み重ねてゆく“愛”のようなもの。自分にとって映画とは、監督の前で真っ白なカンバスになって、どんな色にも染まりますよ、という恋心のようなもの。なかなか掴まえられない恋人のようなものです」

岸惠子さん
© 映団連セミナー実行委員会
角谷優さん
© 映団連セミナー実行委員会

卓越したトークで、テンポよく話を引き出していくインタビュアー・角谷優さん(プロデューサー)

「美しさを保つ秘訣は、苦労です。沢山の苦労があると、しょげたり、沈み込んだりしていられないもの(笑)。私は好奇心が強く、興味を持つとすぐに掴んでしまうんです。見過ごすことが出来なくて、真っ直ぐに飛び込んでしまう。滅茶苦茶な人生と思うかもしれないけれど、これ以外の生き方は出来なかった。」

岸惠子さん、角谷優さん
© 映団連セミナー実行委員会


〜 沢山の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうざいました! 〜